豊島区西池袋、池袋駅近くの国家資格を持つ女性鍼灸師の美容鍼。ダイエット・しみ・しわ・たるみ・ほうれい線に! 韓国語、中国語にも対応しております。
ご予約・お問い合わせ tel  03-6434-5096 営業時間 11:00~14:00 / 16:00~22:00    休診日 水曜日、日曜日
ご予約・お問い合わせフォームへ

お知らせ

2021/11/16インナーマッスルが衰えてるかはどうやってわかる?

本日は「インナーマッスルが衰えてるかはどうやってわかる?」
についてお伝えさせて頂きます🏋️‍♂️
 
インナーマッスル(深層筋)を鍛えると基礎代謝を高めることが可能となるため、長い目で見ると痩せやすい体質になります。
 
逆にインナーマッスルが衰えると基礎代謝も低くなり、脂肪が燃えにくくなってしまいます。
 
また、インナーマッスルは体を動かす*というよりは、支える側の筋肉であるため、衰えることによって姿勢が悪くなる可能性があります。
 
腰痛や肩こりにもつながるので、ダイエットに限らず鍛えておきたい筋肉です🔥💪
 
*体を動かすのはアウターマッスル(表層筋)
 
 自分のインナーマッスルが「どのくらい鍛えられれるか?」は 電車の中でもわかります。
 
別名”姿勢維持筋”とも呼ばれており、例えば「つり革につかまっていないと電車の揺れで転倒してしまう」のであれば、インナーマッスルがあまり鍛えられていないとわかります。
 
他にもバランスボードや片足立ちでもチェックできます。
 
すぐフラついてしまうのであれば、インナーマッスルが衰えている合図です。
 
【ヒップリフト】【プランク】【ダイアゴナルバランス】
 
↑これらは有名なインナーマッスルトレーニングなので、どれか一つ試してみてください。
 
自分のインナーマッスルの強度がわかると思います。
 
全くできない人もいます。要注意です。
 
インナーマッスルは腕立てや腹筋のような「可動」を伴う普通の筋トレでは鍛えられません。
 
プランクトレーニングなどの「体幹トレーニング」によって鍛えていくので、なかなかハードです。
自力でのトレーニングを組み合わせて頂ける場合は、非常に理想ですがなかなか難しいという場合はEMSで一気に鍛えて頂けると効果的です✨✨
スマ-トフォンサイトを表示する